「ますだおかだ」の岡田圭右(48)の長男で、タレントのタレント岡田結実(17)の兄、岡田隆之介(19)が本格的に俳優業として活躍することが決まった。芸能事務所「アービング」に所属し、「存在感のある俳優」を目指していくことになる。

岡田隆之介のプロフィール

okada-ryunosuke
出典:ツイッター
  • 生年月日:1998年1月20日(19歳)
  • 出身:東京都
  • 身長:170cm
  • 職業:俳優
  • 所属:アービング

まだ新人なのでWikipadiaにも情報がありませんでした。

子供のころからモデルとして活動、テレビドラマでは、「家政婦のミタ」(2011)ではバスケット部のキャプテンの役を、他にも「幽かな彼女」(2013年 遠藤秀人 役)「近キョリ恋愛〜Season Zero〜」2014年に出演しています。

映画では、「ショートヘアーワルツ」(2012年)、「暗殺教室」(2015年) - 前原陽斗 役に出演しています。

いずれも、モデル出身とのことで、台詞はほとんど無かったとの事です

二十歳を迎えるにあたって、撮影現場の経験を経て「演じて表現する仕事を本格的にやりたい。全然違う役柄を演じてみたい」と、俳優の道を進むことを決意したそうです。

岡田隆之介はどんな俳優をめざすのか

妹の結実は父のネタを披露するなど、活動的だが、隆之介はシャイで物静か。母・祐佳と出演した、バラエティー初となる、日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」では、マシンガントークに圧倒されながら、ポツリと話す様子が笑いを誘いました。

芸能事務所「アービング」によると、「ビジュアルはもちろん、穏やかな中に秘めるエネルギーに可能性を感じる。」とのこと。

本人は、「ムロツヨシさん、佐藤二朗さん、濱田岳さんのような存在感のある俳優になりたい」。とのこと。「いつか、七三分けのお兄さん役で朝ドラに登場したいです」と目を輝かせたそうです。

13日には日野美歌(54)の歌と朗読の舞台「遠き夏の日」(東京・GINZA Lounge ZERO)の朗読劇の出演も決まった。着実に歩をすすめて、理想の俳優になってほしいですね。