新潟県の加茂暁星高校の野球部でマネジャーをしていた女子生徒(16)が練習直後に倒れ、今月5日に死亡しました。死因は低酸素脳症でした。家族によると、心室細動を発症していたようで、早い段階で、自動体外式除細動器(AED)を使えば、救えた可能性がある症状でした。監督は呼吸はまだあると判断し、AEDをつかいませんでした。その判断にミスがあったかもしれないのです。

通常の呼吸と間違いがちな「死戦期呼吸」

監督が呼吸はあると判断したものは、「死戦期呼吸」(ギャスピング)だった可能性があります。「死戦期呼吸」とは、心停止の状態になっても、下あごだけが動いたり、しゃくり上げるようなしぐさをして、呼吸をしているようにみえる現象です。

具体的には、つぎの3つがあります。

下顎呼吸:吸気時に下顎を動かして空気を飲み込むような呼吸で、顎の動きのみであり胸郭はほとんど動かない。

鼻翼呼吸:吸気時に鼻翼が広がり呼気時に鼻翼が縮まる呼吸であり、やはり胸郭がほとんど動かない。

あえぎ呼吸:深い吸息と速い呼息が数回続いた後に無呼吸となる呼吸。

朝日新聞によると、日本救急医学会の指導医の太田祥一医師は「死戦期呼吸と普通の呼吸とを見分けるのは、一般市民には難しい」と指摘します。死戦期呼吸の認知度が低いことも、AEDでの素早い処置に思いが至らない要因の一つとみます。

躊躇なく AEDの使用を

images

AEDは、心臓がけいれんしたような状態(心室細動)になり、血液を送り出せなくなっている状態を、電気ショックを与えて正常なリズムに戻すための機器です。

てんかんや、卒中で倒れた場合もあると考え、AEDの使用を躊躇してしまうこともあり得ますが、AEDには、心室細動がおこっているかどうかを、判断する機能が内蔵されています。その判断はAEDに任せて良いのです。

突然、目の前のひとが倒れたら、まずは落ち着いて、心室細動を疑ってAEDに、判断を任せましょう。呼吸は「死戦期呼吸」の可能性がありますので、呼吸があるから大丈夫と勝手な判断は禁物です。

早ければ早いほど、効果があるAED、町中や施設でよく見かけるようになりましたが、使わなければ宝の持ち腐れです。倒れた人を見かけたら、躊躇なくAEDの使用をしましょう。