時事通信によると、元競泳五輪日本代表だった、渡辺健司氏が、18日午後、東京都内の自宅で無くなっているのが見つかりました。享年48歳。葬儀は22日、新宿区改代町9の伝久寺で。喪主は兄の光司氏。渡辺さんのプロフィールから、生前どんな人だったのか調べてみましょう。

渡辺健司さんのプロフィール

24
  • 生年月日:1969年7月17日(48歳)
  • 出身:東京都豊島区
  • 学歴:日本大学豊山中学校・高等学校→早稲田大学卒
  • 職業:元オリンピック水泳選手(3回のオリンピックに出場している)

祖父の久吉さんは、1932年のロサンゼルスオリンピック800mリレーに出場し、金メダルを獲得しています

幼稚園時代から兄と共に、近所のスイミングスクールに通う

1984年、中学3年生のとき、ロサンゼルスオリンピックに出場

1986年 - ソウルでアジア大会にて200m平泳ぎで優勝

1988年 - ソウルオリンピック出場

1990年 - 北京でアジア大会にて200m平泳ぎで優勝、平泳ぎ100m日本新記録樹立(1:03:12)

1992年 - バルセロナオリンピックにおいて3大会連続出場、200m平泳ぎで7位に入賞、平泳ぎ200mで日本新記録を樹立(2:14:35)

結婚は?お子さんは? 全く情報がないプライベート

輝かしい水泳記録ですが、一方、プライベートに関する情報はまったくといっていいほど、報道されていません。

推測の域をでませんが、喪主がお兄さんであることから、奥様や、お子様はいないと推測されます

ガンなど慢性的に罹患していた病気が悪化したのか、はたまた突然死だったのか、もしかしたら自死だったのか、結局分からないままです。報道されてないのにはなにか理由があるのかもしれませんね。

いずれにせよ、渡辺健司さんのご冥福をお祈りいたします。